スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療用ボツリヌス毒で死者、9年で16人…米団体分析

美容整形ニュース

 【ワシントン=増満浩志】美容整形にも使われるボツリヌス菌毒素の注射による副作用で、9年間に16人が死亡したと、米消費者団体「パブリック・シチズン」が24日、発表した。
 
 ボツリヌス毒は、神経を一時的にまひさせ、筋肉を弛緩(しかん)させる。筋肉が異常に緊張する病気などの治療のほか、眉間のしわを取る美容整形にも使われる。

 同団体は、製薬会社から米食品医薬品局(FDA)への自発的な副作用報告を分析。まひの影響で飲食物が誤って気管へ入り、肺炎を起こすといった例が、1997年11月~2006年12月に米国内で180件あり、16人が死亡していた。死者のうち4人は少年だった。副作用は病気治療で多いが、しわ取りでも少なくとも1人が死んでいた。
スポンサーサイト

theme : 医療関連ニュース
genre : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。